2008年01月25日

もうすぐ手続き!!住宅ローン控除!!

 住宅借入金等特別税額控除を創設

今年度より創設された制度で私達に直接関わってくる税制なので少し説明します。

税源委譲によって住宅ローン控除可能額より所得税額が少なくなり控除しきれなくなった人、控除しきれない住宅ローン控除可能額があったがその金額が更に増えた人、に対して、控除できない額を住民税の所得割から控除することができる制度が創設されました。それが「住宅借入金等特別税額控除」です。

対象は、平成11年〜18年末までに入居し、平成19年度以降に所得税で住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受けることができる人です。

      
      j2.gif

      j4.gif



続きを読む

2007年11月12日

民間ローン貸出は、全期間・10年超の長期間固定金利は1割程度!!!

独立行政法人 住宅金融支援機構が発表した平成19年度民間住宅ローン貸出動向アンケートの調査結果でこんな結果がでました。

民間住宅ローン貸出の全期間・10年超の長期固定金利は1割程度
平成18年度、新規貸出額(金利タイプ別)実績は、3年固定と10年固定が中心。全期間固定や10年超固定は合わせて1割程度。

すこし驚いてます!思っている以上に住宅ローンを組まれた方達は将来の景気動向を楽観視してないです。将来の景気動向を明るく考えればもっと長期の固定金利を組まれる方が多いはずです。

皆さん世間の「今が買い時!低金利の今がチャンス!」と言うような広告に踊らされずに自分達の将来の事をよく考えられています。

すばらしいです!!大きな買い物です。色々な事を
一緒に真剣に考えて行きましょう!!

アンケート調査の関連記事です。ご参考に!

2007年10月25日

気をつけて!!不動産取得税!!!

今日、今年の春に土地のお世話をさせて頂いてましたお客様の建物のローン決済がありました。(土地・建物合わせての住宅ローンの申込みをしてましたので建物分のローンもお手伝いしました。)

その時の何気ない会話で「不動産取得税(土地分)を支払ったんですけど結構な金額でした。」聞いてびっくりです。確かに土地面積が200u(200uまでは減税になります。)より少し大きかったのでいくらかの税金は支払うとは思っていましたがあまりにも多いので驚きました。

お客様が新築住宅の減税の申し立てをせずに支払われてしまってたのです。しかし大丈夫です!もう一度還付の手続きをすれば戻ってきます。(でも時間が3ヶ月程かかります・・・のでできれば支払う前に確認を!)

不動産を購入するといろいろな見た事の無い書類が送られてきますので、説明していても見落とす事が結構多いです・・・。書類がきたらまずは営業に連絡を!!!

節税はしっかりと!!

2007年10月23日

年内入居と来年になってからの入居はローン控除の還付額に違いが!!

この時期になってくると年内入居か年明けの入居かでよく話題になります。もちろん住宅ローン控除の話です。

せっかく返してくれる税金ですので、できるだけたくさん返して欲しいと思います。

年内入居か年明け入居か選べる状況であれば年内入居のほうがもちろんお得です。ただし簡単に言えば、借り入れ金額が2000万円以上で所得税を年間20万円以上払っている人です。

入居がぎりぎりで年内入居が厳しい方は是非営業に相談してみて下さい、とっておきの抜け道があるかもしれません・・・^^。

サラリーマンの還付申告は1月下旬ぐらいから受付してくれます。通常の確定申告期間は大変混雑しますので早めに動かれる事をお勧めします。

2007年10月18日

住宅ローン11月の金利はどうなる?

11月の住宅ローン金利ですが軽微ながら上がりそうな気配です。10月か11月かでお悩みの方は10月のほうがよさそうに思います。

どこの金融機関よりも1番早く金利を発表するソニー銀行も11月実行分は金利を上げて来てます。

大きな金額であればあるほど低金利の恩恵を受けられます。マイホームをお考えの皆さん是非ご参考に!!

2007年10月05日

不動産営業のプロが説明する!第4弾!!金利比較!!!

10月実行分の金利比較です。ご参考に!!
現在金利比較表では金利優遇−1%にしてますが最近三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行でー1.4%優遇がでました。ローンの相談内容によって違いますが各行ともかなり力を入れてきてます。

銀行からの提示のままの金利ではなく1度は「もう少し下げて!!」と頼んでみてください。いい事があろと思います!!

こちらをクリック!!



2007年10月02日

自営業者さん・職人さん・勤務等短い方など金融機関で住宅ローンを断わられた方に朗報!!! 又購入予定の物件で断わられた方にも朗報!!!

今日新しい住宅ローンの会社の担当者と話をしました。住友信託銀行グループのライフ住宅ローンです。私も初めての会社で話を楽しみにしていましたがなかなか良さそうですのでブログにUPします。

一言でいえば何処の金融機関でも断わられたお客様に融資をしていこうと言うスタンスです。当然なんでもかんでもできる訳ではないですが私の知っている限りでは一番審査がとおり易そうです。

ただし難しいローンに対して融資しますので金利は少し高めです。しかし融資を受けてきっちりと返済していけばお客様の実績が残りますの何年か先に通常の住宅ローンへの借り換えもできます。

金融機関にローンを断わられてお困りの方はあきらめずにお考えください。

2007年09月30日

フラット35でも土地先行取得や建物中間金のつなぎ融資が可能です!!!

フラット35と言えば以前の住宅金融公庫を引き継いだ様な住宅ローンでマイホームを考えられた方であれば耳にした事はあると思います。

現在の色々な住宅ローンの中でもお客様にとって1番お得なローンです。しかし手続きのややこしさや資金実行の遅さ、さらに土地の先行取得資金(土地を先に買って後から家を建てる場合、売建住宅は違います。)、建築中の建物の中間金がでないという不便さの為、業者側は敬遠してるのが現実です。

このあたりの不便さを払拭してくれるローン(フラット35)があります。全国宅地建物取引協会提携の全宅住宅ローンのフラット35です。

他のフラット35よりはかなり使い易くなっています。(民間金融機関にはまだまだかないませんが・・・)いろいろな組み合わせをする事によってかなりの幅ができました。金利・保証料・繰上げ返済手数料どれをとってもローンの中では平均点が1番高いです。

しかし借り入れ条件等によっては民間金融機関のほうがお得な場合もありますのでよく検討して下さい。

フラット35を含めローンの幅は広がっています。担当営業マンの薦めるがままではなく色々なシュミレーションの質問をどんどん担当者に問いかけてください!そこであまりにも対応が悪ければ知識不足過ぎます。その時は遠慮なく担当を変えてください。

2007年09月06日

住宅ローン金利下がりました!!ローン申し込みの時は競合を!!!

予想通り軒並み住宅ローン金利が下がりました。それもそこそこ大きな下げ幅です。

しかし三菱東京と三井住友はこれでもか!というほど同じ金利です。裏で繋がっているのかと思いたくなります。現場サイドでは競合が激しく今回私も2人のお客様が比較検討されてましたが両行共相手の名前を聞いたとたんに優遇幅が変わってきました。

これってもしかして利用できそう!!

そうです住宅ローン検討の際は東京三菱・三井住友両方申し込む手があります。競合してもらえれば少しでもお客様に有利な条件になるかもしれません。

ちなみに私のお客様は2人共三井住友で決められました。

2007年08月10日

不動産営業のプロが説明する!第4弾!!住宅ローン攻略法!!!

住宅ローン攻略には3つのポイントがあります。1番目は金利の先行きの予想です。金利先行きを的中させるのは専門家でも難しい事です。しかし理想的な住宅ローンを組むには必要になります。

そしたらどの様にして金利を予想すればいいのか?最もやりやすいのは「常にアンテナをはりめぐらす!」事です。つまり新聞・雑誌・TV等身の回りのメディアのニュースを出来る限り見る事です。それによって金利感覚が身についてきます。

2番目はご自身の家計がどの程度までの金利上昇に耐えられるかをよく見極める事です。確かに出来る限り希望に近い物件が購入できるまで支払いを頑張りたいところですが、ここで考えないといけない事は購入後の生活スタイルをどの様にするのかです。住宅購入で目的を達したのか、また住宅購入だけがすべてではないのかなど家族でよく話をして決めていきましょう。

3番目は金利ばかりではなく諸費用にも目を向ける事です。諸費用を抑える為にも保証料がかからなかったり仲介手数料が割引きになったり繰上げ返済手数料が安い金融機関を探したりは基本戦略です。

これからは今にもまして色々な商品がでてきます。借り方を間違えず「住宅ローン勝ち組」になる為にも頑張りましょう!!

2007年08月04日

住宅ローンの審査に仲介業者・売主業者も関係あり!!!

某都市銀行の住宅ローンセンターに案件の持ち込みに行ってきました。何件か持ち込みしたんですがその内の1件に問題が・・・。仲介業者欄に某大手不動産業者の名前が・・・それを見て担当者から「この案件は別審査になるので時間がかかります。」と一言。

そうなんです!!住宅ローンは借り入れするお客様や購入予定の物件の審査があり適否が決まっているとお思いの方も多いと思いますが、実は今回の様にかなり問題を起こしている業者名があると問題になるケースもあります。最悪の場合申し込み受付をしてくれない場合もあります。

営業マンが1つの金融機関に固執して他の金融機関への持込みを嫌がる場合は 注意! です。営業トークに簡単に流されずに十分に納得いくまで説明を聞いてください!

2007年07月27日

今後5年間の金利予想!!!

今日宅地建物取引業協会のローン研修会がありましので参加してきました。講師は全宅住宅ローン渇c業部 部長兼東京ローンセンター長(長い・・・)の方で結構新しい情報もあり参考になりました。

その中で1番興味を引いたのはやはり金利の話です。今現在上昇傾向というのは分かりますが、これからの金利情勢についての具体的な記事がなかなかでてませんでした。今回講師の方のお話ではさまざまな金融機関やシンクタンク等によると

        今後5年間で なんと!
    1,8%〜2,2%程度の上昇が見込まれるらしいです。
           すごいです!

単なる予想ですが単純に今の金利のほぼ2倍近いです。ここまで金利が上がれば当然かなりの好景気になっていると思いますので、消費者の収入も上がっているとは思いますが・・・

今の時期の低金利というのも決して長くは続かないと言う事です。マイホームをお考えの方!新聞記事やテレビのニュースを気にして見ていきましょう!!

2007年07月19日

不動産営業のプロが説明する第3弾!!超わかり易い住宅ローン色々比較!!

今回は自営業者さんの住宅ローンについてお話します。自営業者さんでも申告をキチンとされており創業から3年以上で税金を納めていればほとんどの金融機関で受付けできます。ただし借り入れ金額等の計算をする場合は所得が増えてきている場合は3年分の平均を所得として計算します。逆に減ってきている場合は直近の所得で計算します。又奥さんを専従者で申告されておれば奥さんの所得も合わせて計算してくれます。

申告をされていればあんまり問題はないのですが税金を安くする為に所得を少なくしている場合が結構多いです。こういう時が住宅ローンを借りるのに苦労します。遡って修正申告される方はまれにいらっしゃいますがほとんどの方は嫌がられます。こういうケースで比較的いろいろな形で対応してくれるのが関西アーバン銀行や最近ではGEコンシューマー・ファイナンス株式会社です。

申告金額ではなく現状の生活レベル(生命保険・家賃・積立等)を加味して借り入れ金額を計算してくれますので結構借り入れが出来住宅購入が現実化してきます。

ただしこういう難しいローンなので保証料や申し込み手数料等が通常よりも割高になります。1行や2行で断わられても諦めずに住宅購入頑張ってください。

ご参考の為に
関西アーバン銀行です。
GEコンシューマー・ファイナンス株式会社です。

2007年07月11日

不動産営業のプロが説明する第2弾!!超わかり易い住宅ローン色々比較!!

住宅ローン比較第2弾です。今回は住宅ローンの繰上げ返済手数料の各金融機関の比較です。

               変動金利      固定金利   

三井住友銀行※          0円        0円

三菱東京UFJ銀行※    2,100円     5,250円
                       (100万円未満)
                           19,950円
                       (100万円以上)

みずほ銀行          5,250円     5,250円

りそな銀行           5,250円    31,500円
                       (1,000万円未満)
                           52,500円
                      (1,000万円以上)

みなと銀行           8,400円    21,000円
                        (100万円未満)
                           31,500円
                      (1,000万円未満)
                           52,500円
                      (1,000万円以上)

JA兵庫南            5,250円     5,250円

※についてはインターネット利用の場合です。

大まかな比較をしていますのでもう少し細かいところが知りたい方は各行のHPへお願い致します。

将来少しずつでも繰り上げ返済をされる事は賢いローン返済術です。折角ですから1円でも得しましょう!!!

2007年07月06日

不動産営業のプロが説明する第一弾!!超 わかり易い住宅ローン色々比較!!

最近商品が増えた為に非常に難しくなってきた住宅ローンを色々な角度から何回かにわたってわかり易く比較したいと思います。
まずは第一弾金利の比較です。単純に金利だけでは比較できないのが住宅ローンの難しいところですがまずは1番わかり易い金利からです

ご紹介する金利は店頭で紹介される一般的な優遇後の金利です。実は以前にもブログで書いた様に銀行との交渉で安くなる事もあります。


こちらをクリック!!








2007年07月02日

住宅ローン金利軒並み上昇!!

7月実行分の住宅ローン金利が予想通り上昇しました!!
三井住友銀行の6月分との比較で0.15%〜0.25%の上昇です。
6月のように借り入れ金利形態によって上がったり下がったりする場合が多いですが今回はすべてが上がりました。今後は上昇が続きそうです。新聞・ニュースにご注意を!!


ご参考に


2007年06月26日

本当に勉強不足だ!! しっかりしろローン担当者!!

以前にもブログで書いた事がありますが銀行のローンの担当者の知識不足に関するこんな記事が出てました。


マンションの返済が済み、数年たった昨年、土地を購入し家を新築いたしました。その時点で、前回のマンション購入の時と同じ金融機関とローン契約をしました。

 登記上、私と主人それぞれ50%ずつにしています。私も働いていてそれなりの収入がありますので、ローンも合算所得として、私と主人半々で返済していこうと考えていました。

 しかし、その金融機関の担当者が、主人の所得だけで十分借り入れできるので、主人が借り入れ、私は連帯保証人としたらどうかと言うので、言われるままに契約を結びました。

 ところが、今年になり住宅取得控除の申請の段になって、連帯保証人は控除を受けられないことを知りました。

 このことは、いったんあきらめましたが、ほかにも問題が起こらないか心配になってきました。





続きを読む

2007年06月21日

住宅ローン金利上昇?!

先日新聞に長期プライムレートが上がるという記事が出てました。たぶん近日中に住宅ローン金利上昇の記事や報道があると思います。
マイホーム探しをご検討中のお客様はこれから新聞・ニュースを注意してご覧になって下さい。

大きな金額で長期の期間ローンを組む住宅ローンは金利のわずかな差が大きな支払い金額の差になってしまいます。どうせ借りるなら少しでも得なほうが良いに決まってます!!

あせる必要はありませんがいつかは買おうとお考えの方は1つのキッカケにされたらいいかなと思います。

2007年05月31日

住宅ローン知識に責任をもって取り組もう!!

この仕事をしていて必ずといっていいほど住宅ローンは
ついてまわります。住宅新報にこんな記事がでてます。

住宅ローンの決定は、住宅・販売事業者からの情報が大きく影響 支援機構
 住宅金融支援機構はこのほど、平成19年度住宅ローン利用に関するアンケートの調査結果を発表した。

 それによると、利用した住宅ローンを知るきっかけ(認知媒体等)は、「住宅・販売事業者からの情報」が全体の61.2%と圧倒的に多く、次いで「インターネット」25.2%、「金融機関からの情報」16.3%となった。

 同様に、住宅ローンを決定した際、影響が大きかった媒体等は、「住宅・販売事業者からの情報」が全体の56.0%を占めた。

 また、住宅ローンを選ぶ決め手としては、「金利水準が低かったこと」51.2%、「金利優遇があるなど当初金利が低かったこと」45.5%などが上位で、次いで「住宅・販売事業者の勧めがあったから」24.2%という結果となった。

 この調査は、平成18年4月1日から平成19年4月末までに民間住宅ローンを借り入れた1,797件が対象。1,395件の有効回答を得た。

[住宅新報 2007年5月30日]

この記事を見て改めて私達業者側の責任を痛感します。何度かブログでも紹介しましたが不動産業界の営業は住宅ローンの知識が少なく手続きのしやすいローンを勧める事が多いです。

最近は各銀行ともいろいろなローンの商品をだしており手を抜いて
勉強を怠るとお客様の質問に答えられなくなってしまいます。

お客様の信頼に答えられる様に手を抜かず努力していきます!!

2007年04月09日

固定資産税・都市計画税の不思議発見!!

固定資産税・都市計画税はその年の1月1日時点の所有者に
課税される税金です。  
     
      ここで不思議発見!!

土地・中古住宅の場合は取引の時に日割り精算します。
しかし新築住宅の場合に不思議がおこります。

新築住宅の場合建物登記以前には何も存在していない
訳ですから極端な話1月2日に登記をすれば
その年の固定資産税・都市計画税がかからなくなります。
1年分得した気分です。

日程調整はなかなかうまくいきませんが
できるだけ得する様に頑張ってみるのも
いいと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。