2008年01月17日

家を建てる時にはどんな所に注意をしたらいいの???

先日から立て続けに質問されましたので簡単に説明します。

「さあマイホームを建てよう!」と考えたら次の様に考えてみてください。

住宅を建てる時に大切なことは、どのような家を建てたいのか、例えば、必要な機能、ライフスタイル、家に対する思い、イメージ等、考えていることを言葉として、できれば文書として設計者や施工者に伝えることです。

 又、性能面に関して十分検討する必要のある事項は、断熱性能、気密性能(それに伴う換気性能)、シックハウスに対する対策、省エネルギーに対する対策(太陽熱利用、雨水利用、庇、建物の形状・向き、植樹)、高齢化に対する配慮等です。

 これらを設計段階でよく検討しておくことが大切です。

 「建て主がすること」「プロにお願いすること」をしっかり理解しておきましょう。

 技術に関することは、信頼できる設計担当選びに尽きます。信頼関係ができるかどうかが人選びの判断の基本です。

 だめな場合は断る勇気も大切です。人選びが会社選びの基本です。

 設計者、工務店選びは、何人ものひとに会うことで判断力をつけていきましょう。

 家族の暮らしを再度見極めて、暮らし方にあった間取りを時間をかけて検討しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。